Topics

社報 №305

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

板前の世界は、お姉さんたち(中居)にモテて仕方ないよ。

なにもできない俺にも、結構ちょっかいかけられた。

お客様も、結構ちょっかいだしてきて、休みのときには食事を御馳走して

くれたり、金なしでも一年間くらいは生活ができた。

ツマも、うてるようになり、料理長の作る鍋物ののこり汁を人差し指で

舐めて自分のものにしたもんだ。

私のおやじは大塚といって、若手のホープで、喧嘩ばやくすぐに手が

でる恐ろしい奴だったけど、親方連中を集めて剥きもの(人参や大根で

鶴や亀をつくる)の講習を月に2,3回やっていた。

私は、下足番で、草履をそろえる役目だった。

一年くらいたったときに、川尻という名古屋でナンバー1か2の親方が

私を若い衆にしたいと申込があり、安藤さんに相談したら「行け」と言われて、

俺は、「今のままでいい」と言ったが「馬鹿者!川尻の親父は普通にものが

言える人は何人もいない、そんなすごい親父だぞ」と言われ、

若い衆になり、何にもやらずに、二ヶ月くらい将棋の相手だけさせられて、

給料をもらっていた。三ヶ月経って、「朝5時に来い」と言われ、

いきなり「このピチピチした鯛をおろしてみろ」と。

やれるはずがないと思ったが、とにかく見よう見まねでやった。

二日目もやったが、厳しくなって、包丁の裏で手の甲をたたかれて、

「早くさばけ、手のひらで温かくなったら、不味くなる」

半月位したら、先輩たちからにらまれるようになった。

だが、僕が昔ボクサーだったことを知っていたせいか、圧力がかかった。

続きはまた。いい新年を迎えよう!!

社長の書く場が少なくなってごめんな。

              d01・ ・ ・OWNER より

  今年も一年、お疲れさまでした。

  この二年はコロナと闘いながらも、仕事は順調に進む事が出来ました。

  <お客様が一番>  常にこのことを忘れずに、仕事ができることに

  感謝の気持ちを忘れず,精一杯頑張っていきましょう!

  無事故でいい年を迎えましょう!!

                      ・ ・ ・社 長 より

d02※新年初顔合わせのお知らせ※                                                      1月5日に初えびすにでかけます。                                                    都合のつく方は、是非参加してください。<10時出発>

          令和3年12月24日  株式会社 大 廣

関連記事

最近の記事